あなたと行ったサーカス

小さきときに連れて行ってもらったドーム型のテントの中。「サーカスを見るんだよ」と言われたけれど、サーカスがなんなのかまだわからなかった私。

初めて見たサーカスは夢を見ているようだった。
夢中になって大声を出してサーカスを楽しんでいた私を見て、両親は1つのDVDを渡してくれた。
映画「ダンボ」。
この前見たサーカスが、またTVの中で再現されていた。

今ではサーカスがあるならば必ず見に行くほどのサーカス好きになってしまい、大人になっても夢心地を楽しんでいる。
空飛ぶゾウにはまだ会えていないけれど、それ以上の感動をいつももらっている。

今までに見たサーカスは数知れず。その中でも思い出に残ったサーカスをご紹介します。

サーカスとは

サーカスは動物を使った芸や人間の曲芸など複数の演目で構成される見世物。一般的に円形劇場や天幕などで催され、舞台を群集が取り巻いて見下ろす形態が取られる。古代エジプト時代に始まり、ローマ時代にその原型がなされた。また、近代サーカスの原点としては1770年のイギリス「アストリー・ローヤル演芸劇場」での開催とされる。

歴史

語源はラテン語で円周・回転を意味する語であるとする説と、古代ローマにおいて人間と猛獣の格闘などに使用された円形競技場(キルクス)であるとする説がある。現在の動物の芸や人間の曲芸が見世物として成立したのは古代エジプト時代であり、それらを円形の劇場において実施するという形態が取られ始めたのが古代ローマ時代とされている。

近代サーカスの歴史

近代サーカスはイギリス人退役軍人のフィリップ・アストリーによって確立され、ヨーロッパからロシア・アメリカへと広がったとされる。しかしアストリー自身は「サーカス」という用語を使っていない。従来より見世物として確立していた動物芸、人間の曲芸に加え、アストリーは道化芸という概念を新たに取り入れている。道化芸は19世紀初頭に活躍したパントマイム役者ジョセフ・グリマルディ、ジーン・オリオールらによって現在の喜劇中のふられ役・失敗ばかりして観客の笑いを取るというスタイルが確立され、真っ白に塗った顔にだぶついた服装というお決まりの姿で、近代サーカスでは欠かせない要素のひとつとなった。

日本での歴史

日本にはじめてサーカスが訪れたのは1864年で、「アメリカ・リズリー・サーカス」により横浜で興行がなされた。それまで日本でも見世物は存在したが、それぞれ芸種別に一座を組んで個々に興行を行うというスタイルが一般的で様々な演目を一度に見せるというサーカスは大きな反響を呼んだ。1883年には、イタリアのチャリネ一座が来日する。この公演に強い衝撃を受けた五代目尾上菊五郎は『鳴響茶利音曲馬』という猛獣使いなどが登場する歌舞伎を上演している。日本人のサーカスとしては、チャリネ一座から名前をとり、1899年に山本政七らによって設立された「日本チャリネ一座」が最初であるとされる。日本チャリネ一座では馬や象、熊なども用いて曲芸や猛獣芸などを披露した。その後、大正末から昭和にかけて有田サーカス・木下大サーカス・シバタサーカスなどが続々と創立し、人気を博した。ただし、各団体が「サーカス」の呼称で名乗るようになるのは、1913年のハーゲンベック・サーカスの来日以後のことである。 昭和23年(1948)の児童福祉法が制定された。これにより「公衆の娯楽を目的として曲馬または軽業を行う業務」に満15才未満の児童を使用する事が禁止され、年少期に芸を仕こまなければならないサーカスにとって、芸の後継者を育てる事が困難となった。 現在日本のサーカスで子供達が出演しないのはこの法によるものである。 1930年代から1960年代までは20〜30団体があったがその後激減し、1995年には国際サーカス、1996年には矢野サーカスが活動を休止。木下大サーカス、キグレサーカス、カキヌマ大サーカスの3団体を残すのみとなったが、同年12月にポップサーカスが旗揚げし、現在はキグレNewサーカス・木下大サーカス・ポップサーカスが日本三大サーカスとされている。カキヌマ大サーカスは拠点を海外に移したと言われているが、2002年頃までは国内での活動が確認されている。

1992年、テレビ局のタイアップでシルク・ドゥ・ソレイユが来日。再びサーカスブームが訪れる。 その効果からテレビアニメカレイドスターやテレビCM鉄骨飲料などサーカスを取り上げたものが多くテレビで放送された。 2001年、NPO法人国際サーカス村協会が運営する4年制の沢入国際サーカス学校(学校法人ではない)が日本唯一のサーカス学校として創立される。 2010年、日本三大サーカスのひとつとされていたキグレNewサーカスが、10月19日付で事業を停止したと発表した。

演目

近代サーカスで上演される演目は無数にあり、多様化の一途を辿るが、一般的な演目としては以下のものが挙げられる。

動物曲芸
馬を使用した曲馬芸が最も一般的で、その他ライオン、象、クマ、トラなどが使用される。調教された動物による火の輪くぐりや三輪車、自転車、縄跳び、シーソーなどを使用した芸が披露される。
空中曲芸
綱渡りやトランポリン、空中ブランコなどを使用した空中での技の難易度や美しさを見せる曲芸。
地上曲芸
ワイングラスを重ね、足や額に乗せて平衡感覚を見せるものや、人間同士が重なり合ってその重厚な美しさを見せる(人間ピラミッドなど)曲芸。
道化芸
道化師(ピエロ)が手品や軽業などを見せながら時折失敗を混ぜつつ、観客の笑いを誘うなど、主に観客の緊張を解くことを目的として上演する曲芸。

サーカス団・個人 一覧

  • 日本
    • 木下大サーカス - 岡山県岡山市
    • キグレNewサーカス - 北海道札幌市(2010/10/19事業停止今後は任意整理を実施予定)
    • カキヌマ大サーカス - 栃木県足利市
    • ポップサーカス - 大阪府大阪市
    • わんわん大サーカス - 芸能プロダクション・内田芸能社
    • Dio Kobayashi - 個人
    • GちょこMarble - 個人 東京(サーカス芸を使った大道芸)
    • 中国大黄河雑技団 - 愛知県名古屋市
  • ロシア
    • ロシア連邦サーカス公団
    • ボリショイサーカス(ロシアのサーカス団が日本公演で用いる名称)
    • 猫のサーカス(一時ボリショイサーカスに参加してる)
  • 北朝鮮
    • 平壌巧芸団
    • 牡丹峰巧芸団(通称朝鮮人民軍サーカス)
  • 中国
    • 中国雑技団
    • 上海雑伎団
    • 広東雑技団
    • 江西省雑技団
  • アメリカ合衆国
    • リングリングサーカス
    • コール・ブラザーズ・サーカス
  • カナダ
    • シルク・ドゥ・ソレイユ - カナダ・モントリオール

映画「ダンボ」

ダンボは、1941年、ディズニー制作のアニメーション長編映画作品。またその主人公である子象の名前。

ストーリー

サーカスの象のジャンボのもとに、コウノトリが一匹の赤ちゃん象を届ける。その子象はとても可愛らしい子象であったが唯一耳が大きい事が他の象との違いであった。ジャンボはその子象にジャンボ・ジュニアと名づけたが、他の象達にそのことを笑われダンボとあだ名されてしまう。

それでもジャンボは愛情をたっぷり注ぎ、可愛い我が子ダンボを大切に育てた。ある日、サーカスを見に来た子供にダンボをイタズラされているのを見て、ジャンボはたまらずその子供をお仕置きする。サーカス団員がそれを止めに来るが、興奮したジャンボは思わず団長を投げ飛ばしてしまい、凶暴な象として檻に入れられてしまう。

耳が大きいだけで化け物扱いされていたダンボは誰にも慰めてもらえず、生まれた直後から母親から引き離されるという苦しさの中から、悲しみのどん底に落ちる。これを放っておけなかったサーカス団員のネズミ、ティモシー(チモシーマウス)はダンボを助ける為、ダンボをサーカスのスターにする事を提案。象のピラミッドの頂上へジャンプさせる事を思いつく。

スタッフ

  • 製作:ウォルト・ディズニー
  • 原作:ヘレン・アバーソン、ハロルド・ピアール
  • 脚本:ジョー・グラント、ディック・ヒューマー、ビル・ピート、オーリー・バッタグリア、ジョー・リナルディ、ジョージ・スターリング、ウェッブ・スミス
  • 脚本監修:オットー・イングランダー
  • 音楽:オリヴァー・ウォーレス、フランク・チャーチル
  • 作詞:ネッド・ワシントン
  • 作曲:エドワード・H・プラム
  • キャラクター・デザイン:ジョン・P・ミラー、マーティン・プロヴェンソン、ジョン・ウォルブリッジ、ジェムズ・ボドレロ、モーリス・ノーブル、エルマー・プラマー
  • ダンボ担当作画監督:ウォード・キンボール
  • ティモシー担当作画監督:フレッド・ムーア、ウォルフガング・ライザーマン
  • コウノトリ担当作画監督:アート・バビット
  • 作画監督:フランク・トーマス、ビル・ティトラ - 、ジョン・ラウンズベリー
  • レイアウトチェック:ドン・ダグラディ
  • 原画:エリック・ラーソン、ヒュー・フレイザー、ハワード・スウィフト、ハーヴィー・トゥームズ、ドン・トウスレイ、ミルト・ネイル、レス・クラーク、ヒック・ロッキー、クロード・スミス、バーニー・ウルフ、レイ・パターソン、ジャック・キャンベル、グラント・シモンズ、ウォルト・ケリー、ジョシュ・ミードア、ドン・パターソン、ビル・シャル、サイ・ヤング、アート・パルマー
  • 美術監督:ハーブ・ライマン、ケン・オコーナー、テレル・スタップ、アル・ジンネン、アーネスト・ノードリ、ディック・ケルセイ、チャールズ・ペイザント
  • 背景:クロード・コーツ、アル・デンプスター、ジョン・ヘンチ、ジェラルド・ネビウス、レイ・ロックレム、ジョー・スターレイ
  • 撮影:ボブ・ブロートン
  • 録音:ウィリアム・E・ギャリティ
  • 音響効果:ジム・マクドナルド
  • 特殊音響効果:Sonovox
  • 演出:ノーム・ファーガソン、ウィルフレッド・ジャクソン、ビル・ロバーツ、ジャック・キニー、サム・アームストロング
  • 監督:ベン・シャープスティーン

キャスト

  • ダンボ:声優なし
  • ジャンボ:ヴァーナ・フェルトン(吹き替え:菱田美恵子/眞理ヨシコ/磯辺万沙子)
  • ティモシー:エドワード・ブロフィ(吹き替え:坊屋三郎/三田松五郎/牛山茂)
  • 団長:ハーマン・ビング(吹き替え:古川緑波/内田稔)
  • コウノトリ:スターリング・ホロウェイ(吹き替え:三木鶏郎/関時男)
  • ダンディ・クロウ:クリフ・エドワーズ(吹き替え:吉田幸紘)
  • カラス:ホール・ジョンソン・クワイヤー
    • 気取りカラス(吹き替え:加藤治/中村雄一)
    • 眼鏡カラス(吹き替え:橋本友之)
    • 帽子カラス(吹き替え:片岡弘貴)
    • デブカラス(吹き替え:吉水慶)
    • メイトリアーク:ヴェルナ・フェルトン(吹き替え:久保田民絵)
    • キャティ:ノレーン・ガミル(吹き替え:北城真記子)
    • ギグルズ:ドロシー・スコット(吹き替え:一柳みる)
    • プリシー:サラ・セルビー(吹き替え:土井美加)
  • 子供:ハロルド・マンリー、トニー・ニール、チェック・スタッブス(吹き替え:後藤真寿美)
  • ナレーター:ジョン・マクリーシュ(吹き替え:竹脇昌作/小山武宏)
  • ケイシージュニア:マーガレット・ライト

逸話

  • ダンボ公開の1941年は、欧州では第2次世界大戦が既に始まり、太平洋戦争開戦直前の日米間の緊張もピークに達していた頃であった。真珠湾攻撃の直後を描いたスピルバーグ監督作品『1941』では、米陸軍の将軍が劇場で公開中のダンボを鑑賞し、母子の愛情に涙するシーンがある。
  • MGMカートゥーンの『トムとジェリー』に、本作のパロディである「ジェリーとジャンボ(Jerry and Jumbo)」という短編作品が存在する。なお、同作では子象が「ジャンボ」を名乗っている。
  • 1970年代中頃に、富士フイルムと東宝の提携により8ミリ映写機を対象とした本作のフィルムソフトが市販されたことがある。但し20分弱に再編集したものであり、本来ならストーリーの途中となる場面でエンドクレジットが表示された。
  • 1979年にはTBS系全国ネットで本作がノーカット放送されたことがある(間にCMを挟んではいたが)。その際の日本語吹き替えはダンボを当時トップアイドルだった大場久美子、ナレーションを新自由クラブ代表(当時)の河野洋平が担当した。その後、1991年12月26日にフジテレビ系列にて日本語吹き替え版がノーカットで放送された。また、ディズニーチャンネルでも放送されている。
  • 耳の大きな人物に対し揶揄する意味で「ダンボ」という言葉が用いられることもある(例として元巨人選手の江川卓など)。
  • マンガなどで聞き耳を立てている状態を表現するとき、耳を大きく描くことがある。このことから、聞き耳を立てることを「耳をダンボにする」などと表現することがある。
  • 日本では、公開当時1954年3月12日から約5ヵ月後の同年8月9日に「ファン・アンド・ファンシーフリー」が公開されている。

Copyright (C) 2012 luna-regalo.JP All Rights Reserved.